アウトドアウェディングのためのケータリング

みんながこだわる結婚式の料理

アウトドアウェディングには欠かせないケータリング。 やはり美味しいケータリング会社を選びたいところです。 口コミを調べたり、実際に試食してみたりする方もいらっしゃるでしょう。
ダコタではもちろんみなさんに美味しいと感じてもらえる料理を作ろうと努力していますが、 「結婚式というイベント内での食事」ということを強く意識しています。

ケータリングの難しさ

お店で一皿ずつ作るときには十分に味見をして、丁寧に仕上げ、盛り付けて、すぐさまお客さまの待つテーブルへ運びます。 温かい料理はお皿を温め、冷たい料理はお皿を冷やし、また余熱で火が入りすぎないように逆算して提供していました。
料理だけでなく、机や椅子の高さや大きさを調整したり、他の席との間隔をとったり、 店内で流す曲の雰囲気や音量を変えたりして、食事する環境を工夫していました。

しかし、アウトドアウェディングではそうはいきません。料理が100%の状態で提供できないだけでなく、 食器やカトラリー、テーブル、食事のスタイルや時間まで制限されてしまいます。

カフェを作った経験を生かす

自分の店を作るときには様々なことを考えます。 それと同じことがウェディングケータリングでは起こります。 プランナーや新郎新婦の意見を聞きながら、 当日の進行に合うようにメニューや食器、テーブルの配置、スタッフの人数などを決めます。 いわばその日限りのお店を作ります。
美味しい料理だけ出せば終わりではなく、食事する空間を作ることも大切で、 それこそがダコタの腕の見せ所だと思っています。

PROFILE
ABOUT CATERING
PRICE PLAN
PHOTOGRAPHS
VIDEOS
OUTDOOR WEDDING?
HOW TO
Q & A
CONTACT